ターンオーバーを詳しく知って美白を目指そう

美白の基本!ターンオーバー




当サイトでも何度もターンオーバーに触れてきましたが、ターンオーバーは美白の基本です。

ターンオーバーが正常に行われない肌では美白・美肌にはなれません

ターンオーバーの周期が「遅いと悪い」、「早いと良い」というのは正しくもあり間違いでもあります。

そのターンオーバーについて少し踏み込んで解説したいと思います。


ターンオーバーとは表皮の新陳代謝を指しています。

新しい表皮細胞が生まれ、それがどんどん押し上げられていき、そして角質になります。

角質は肌を守るバリアの働きをし、やがては垢となって剥がれ落ちます。


そのターンオーバーの周期は28日周期ぐらいが理想だと言われています。

新しい表皮細胞が生まれ、垢となって剥がれおちるまでの日数が28日という事です。

ですが、ターンオーバーは年齢とともにその周期が遅くなっていきます。


・10代なら約20日

・20代なら約28日

・30代なら約40日

・40代なら約55日

・50代なら約75日


個人差がありますが、上記が平均的な日数だと言われています。


例えば20代の28日の周期の人なら、表皮細胞が誕生し約14日後に細胞核を失い角質となります。

そしてさらに約14日後にはバリアの役目を終えた角質は垢となり剥がれおちるのです。

この角質にはメラニンなども含まれており、角質とともに垢となり剥がれ落ちます。

ですが、周期が遅くなると角質はなかなか剥がれ落ちず、肌にメラニンが居座りつづける事になります。

それが黒ずみやシミの原因になります。


実は遅くなるのとは逆にターンオーバーが早まりすぎて問題になる事も多々あります。

例えば顔を洗いすぎたり、角質ケアばかりしているとターンオーバーは早まってしまいます。

ターンオーバーが早まると、誕生した表皮細胞は細胞核を持ったまま表面に押し上げられ、未熟な細胞のまま角質となります。

この未熟なままの角質は水分の保持力が弱く乾くと乾燥します。

そうすると肌がカサカサしたり、肌が硬くなったりの肌トラブルが起こります。

またこのような角質は肌のバリア機能も弱く、刺激に弱い肌になってしまいますので、黒ずみの原因であるメラニンの生成が増えます。




以上のように、ターンオーバーは遅くても早くても問題です。

ターンオーバーに良い環境を整えてあげて、強くてキレイな肌になれるのです。


⇒ホワイトラグジュアリープレミアムの通販最安値と口コミ!当サイトのトップページへ!

 

サイトマップ