美白に良い睡眠を知って内側からもキレイにしよう

美白・美肌に大切な睡眠について




ご存知の通り、美白・美肌には普段の生活習慣が大きく関わっています。

美白・美肌に良い食べ物は【美白は外側からも内側からも!美白に効果のある食材】を参考にして下さい。

食べ物以外にも生活習慣を見直す事で、理想とする美白・美肌に近づく事ができます。

その生活習慣の中でも大切な要素の一つに「睡眠」があります。

「忙しくて寝る暇がなかった、、、そんな日の朝はお肌の調子も悪く、化粧のノリも悪い」女性なら誰もが経験した事があるのではないでしょうか。

そこで正しい睡眠の方法と睡眠の大切さを見ていきたいと思います。




□ 質の良い睡眠


美白・美肌にはゴールデンタイムの睡眠が良いと言われています。

ゴールデンタイムとは22時〜2時の間で美白に必要な成長ホルモンを多く分泌します。

ですが、普段の生活に忙殺されて22時に寝るのが難しい人はたくさんいると思います。

ゴールデンタイムに睡眠をとれるならそれに越した事はありませんが、ゴールデンタイムの睡眠だけでなく睡眠の質も大切です。

浅い眠りでは成長ホルモンが分泌されにくく、しっかり深い睡眠をとる事で成長ホルモンが分泌されます。

この成長ホルモンには美白に必須の肌のターンオーバーを促進する効果があります。

ですので、なるべくゴールデンタイムに睡眠をとれるようにする事、また深い眠りにつけるように心がけてほしいと思います。

しっかり深い睡眠をとる為には以下のような事に気をつけて下さい。




・就寝前のスマホやパソコンの使用

寝る前のスマホやパソコンは脳を興奮状態にします。

寝る1時間前にはなるべくスマホやパソコンを触らないようにしましょう。



・就寝前のカフェインの摂取

皆さんがご存知の通りカフェインを摂取すると脳が興奮状態になり眠りを妨げます。

またカフェインには利尿作用があり、尿意により睡眠の途中で目が覚める事にもつながります。

カフェインの持続時間は4時間〜6時間と言われているので、カフェインを摂取するタイミングには気をつけて下さい。

カフェインと言えばコーヒーのイメージがありますが、緑茶や紅茶、ココアや炭酸飲料などにもカフェインは含まれています。



・ストレス

ストレスを抱えている時は脳が緊張している状態なので深い眠りの妨げになります。

これは外部要因が大きいため自己管理が難しいですが、ストレスを作らない環境をつくっていきましょう。



・お酒の飲みすぎ

アルコールを摂取するとスムーズに寝つける効果はありますが、深い眠りの妨げになります。

また脱水症状にもなるため、お肌にも悪影響です。



・就寝前の食事

就寝前の食事は胃腸が活発に活動を始めてしまうため、寝つけにくくなります。

また寝つけたとしても、胃腸の活動で体温が上がってしまい、浅い眠りになってしまいます。

寝る3時間前には夕食を済ませるようにしましょう。



・入浴は就寝の2時間前

入浴は就寝する2時間ぐらい前に済ませるようにしましょう。

入浴で体温を上昇させておくと、約2時間後に熱放散が開始され始め、体温が下がりやすくなるので寝つけやすくなります。

また入浴は温めのお湯の方が効果的です。





寝る事はお肌にとって大切な事ですし、健康にも睡眠は欠かせません。

上記を全て取り入れる事は難しいと思いますが、少しでも質の良い睡眠を心がけて、美白・美肌を手にいれちゃいましょう。



⇒ホワイトラグジュアリープレミアムの通販最安値と口コミ!当サイトのトップページへ!


 

サイトマップ