黒ずみ対策にホエーの効果を調べてみました

ホエー(乳清)について





最近、よくホエーって聞きますよね。

ホエーって聞いても「何?」みたいな人もたくさんいるかもしれませんが、ヨーグルトを冷蔵庫から出してきた時にヨーグルトの表面に透明の液体が浮いているのを見た事ありますよね?

それがホエーです!


ヨーグルトを食べる時に、ちょっと酸っぱいしホエーだけを捨てていたって人もいると思います。


ホエーは乳清とも呼ばれていて、ホエーにはお肌に優しい水溶性のビタミンやタンパク質、乳糖やミネラルといった美容には欠かせない成分をたくさん含んでいるんです。

そのホエーはどんな事に効果あるの?って事なんだけど美容はもちろん、美白にも期待できる優れものなんです。

ホエーは保湿効果もあり肌荒れを防いでくれたり、黒ずみの原因となるメラニン色素の生成を抑えてくれたり、さらにはお肌の老廃物を除去し古い角質を落とすピーリング効果もあります。

また抗炎症作用があるのでニキビにも効果が期待できます。

しかも腸内環境を整え、安眠効果まであるんです。

もう良い事ずくめですよね!


でもヨーグルトの上の液体(ホエー)って少量ですよね!?

「あれだけで大丈夫?」と思ってしまいますが、大丈夫なんです。

ちゃんとヨーグルトからまとまった量のホエーを抽出できます。

抽出の仕方はいたって簡単。



@ ザルの上にキッチンペーパーを敷いて、その下にボウルをセットします


A プレーンヨーグルト(砂糖の入っていないヨーグルト)をザルに流し込みます


B 冷蔵庫に入れて一晩寝かせます


C ボウルにホエーが溜まっています




簡単ですよね。

しかもホエーを抽出した水切りヨーグルトはコクがあり、まろやかさが増します。

そのままでも美味しく食べれますが、料理やデザートにも適した健康食材です。

ホエーはお肌に直接塗るのと比べて効果は劣りますが、もちろんホエーを摂取して体の内側から黒ずみ解消に働きかけるのも良いです。

飲み物にちょっと足してみたり、お肉をやわらかくする性質ももっているので、お肉をつけこんでみたりと美味しく摂取できます。

またホエーをお風呂に入れる事で、保湿効果にも期待できるんです。

私自身もホエーを抽出したあとは、飲み物にホエーを足して摂取して、あとはお風呂に入れています。



抽出のやり方も分かったけど、美容・美白成分があるなら乳首の黒ずみやデリケートゾーンの黒ずみにも効果が期待できるのか気になりますよね?

そこで美白クリームを使っての黒ずみへの効果と、ヨーグルトのホエーを使っての黒ずみへの効果を比較しメリット・デメリットを考えてみました。



メリット


@ 費用が安い


もうこれにつきます(笑)

女性のスキンケアは毎月結構な出費になっちゃいますよね。

費用が安いのはやっぱり魅力的です。



デメリット


@ 毎回抽出するのは面倒


A 成分や効果が劣る


B あまり日持ちしない


私としては黒ずみになってしまったケアには、あまりオススメはできません。

やはり元は食べ物ですし、激的な効果は見込めません。

かなり長期間使って効果を実感できるものだと感じました。


黒ずみになってしまった部位には、やはり美白クリームでケアするのがオススメです。

美白クリームで黒ずみをしっかりケアした後に、予防や保湿などの意味でホエーを使うのが良いと思いました。


良質な成分をたくさん含んでいるので、ホエー化粧水やホエーパックとして使用するのが良いのではないでしょうか。

ただし化粧水として使うには、腐る事も考えなければいけません。

冷蔵の状態で2日以内に使うのが望ましいと思います。

ですので、一番のオススメはホエーパックです。


ただ気になる点としては顔に使うと、うっすらヨーグルトの匂いがしたりするので、気になる人はやめた方がいいと思います(笑)

また寝る前にホエーを塗ると枕カバーに匂いが移ったりと気になります。

そんな事を試している内に面倒だなぁと思い、上述したように私は飲み物に足して、お風呂に入れています。


あと、気になる点としては乳製品ですのでアレルギーがある方もいます。

アレルギーの方は使用しないで下さいね。

ホエーを使われるならパッチテストをしてから使用するのが良いと思います。


私が何故ホエーに注目したのかは水切りヨーグルトも美味しく食べれるし、ホエーにも美容・美白効果があるからです。

やっぱり元は食べ物ですので、過度の期待は禁物だと思いました。



⇒ホワイトラグジュアリープレミアムの通販最安値と口コミ!当サイトのトップページへ!

 

サイトマップ