「シミ」や「黒ずみ」の原因について

何で黒くなるの?


そもそも何で黒くなってしまうんでしょうか。


黒ずみの原因は大きく分けて2つあります。



@ 毛穴の詰まり


1つは毛穴のつまりが原因による黒ずみです。

こちらは鼻などによくおこり、「いちご鼻」とか呼ばれますよね。

これは毛穴につまった汚れが酸化しておきます。



A メラニン色素


そしてもう一つがメラニン色素の沈着による黒ずみです。

乳首やワキや肘などの黒ずみの原因はメラニン色素の沈着がほとんどです。

肌は摩擦や圧力、紫外線などの刺激を受けると、肌を守ろうとメラノサイトがメラニンを生成します。

メラニンは皮膚を守るという大切な役割をする反面、皮膚を黒くする性質があります。

そして、メラニンが沈着する事によって「シミ」や「黒ずみ」になってしまいます。



「シミ」や「黒ずみ」になりやすい原因としては下記のような事が考えられます。


□ 肌に頻繁に刺激を与えてしまっている

肌に頻繁に刺激を与え続けるとメラニンは増え続け、「シミ」や「黒ずみ」ができやすくなります

摩擦や紫外線などの刺激には充分に注意してあげて下さい。


□ ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーは美白・美肌には必要不可欠で、ターンオーバーとは表皮の新陳代謝(表皮の生まれ変わり)を指しています。

ターンオーバーする事により、新しい表皮細胞が誕生して、古い角質が剥がれ落ちていきます。

剥がれ落ちていく古い角質にはメラニンなどの老廃物も含まれているので、黒ずみの原因であるメラニンを体外に排出する事ができます。

ですので、正常にターンオーバーが行われていれば黒ずみやシミにはなりにくいのです。

ですが、年齢とともにターンオーバーの周期は遅くなり、また生活習慣によってタもーンオーバーは乱れてしまいます。

ターンオーバーの乱れは黒ずみだけでなく、お肌の様々なトラブルの原因となるので、美白・美肌には正常なターンオーバーの環境を整えてあげる事が大切です。

詳しくはこちら【ターンオーバーについて】を参考にして下さい。


□ 妊娠・出産

妊娠時・出産時は母体が出産に備えて肌を守ろうとする為、メラニンの生成が活発になります。

そのため黒ずみができやすくなります。

さらに妊娠時・出産時はホルモンバランスが乱れやすく、ホルモンバランスの乱れによってターンオーバーの周期も乱れ、ターンオーバーが正常に行われなくなる事があります。

そうすると「黒ずみ」や「シミ」ができやすくなります。

また、ホルモンバランスはストレスによっても乱れるので、ストレスも黒ずみの原因になってしまいます。



黒ずみの原因はメラニン色素ですが、ターンオーバーが黒ずみを防いでくれる役割もしています。

ですので、日頃からメラニン色素を増やさないように摩擦や紫外線の刺激に気をつける事、また正常な周期でターンオーバーが行われる環境を整えてあげる事が大切です。

その為に日頃どのような事に気をつければ良いのかは【黒ずみの予防と対策】を参考にして下さい。



⇒ホワイトラグジュアリープレミアムの通販最安値と口コミ!当サイトのトップページへ!


 

サイトマップ